'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION) とうげんきょうはあなたの健康を応援します!

2015年11月29日

月間100キロ

最近Runkeeperというアプリをインストールしてみた。

GPSログの取得、カロリー計算、スピードなどがランニング中に自動計算される。
目標の設定もできるようでモチベーションを保って運動できるという仕組み。

で、11月分のログを別のアプリケーションで記録していたのでそれを放り込んでみるとなんと11月110キロ以上も走っている!(ほぼトレイルランニングなので歩きも多し)
ラン初心者の私にはきつかったのでしょう、どおりで膝の痛みが出た訳ですな。。。

月間100キロを走るということは続けている方にとっては容易い事でしょう。
しかし走歴数カ月の人にとっては最初の関門といえます。
結構な方が足のトラブルを引き起こしてしまいます。

言える事はトレイル、ロード問わず必要な事はケアですね!
”メンテナンス”です

走る前のアップ
走った後のダウン
これをしっかりとしなければいけません。
人それぞれ方法はありますが自分の弱い場所、例えば硬い筋肉をしっかりと伸ばしておく。
軽いジョグをしっかりして全身を温めておく。最低限の事ですね。
走り終わってからもストレッチをしっかりして痛みがある箇所にはアイシングを施す事も重要。

そして何よりも鍼灸治療をメンテナンスに組み込んで欲しい!
局所の鎮痛効果
全身の疲労回復効果
治療者による痛みの原因の発見
障害の予防法の指導

などのサポートが受けられる事は間違いありません。
一回の治療費はそこそこかかりますが、自分の健康への投資だと思って受けられてみると良い効果を感じる事ができると思います。

私は今の所フルマラソンを走る予定は無いのですが、時々トレイルランニングのレースに出る予定をしています。
自分でケアするにも限界があり、自身の身体のサポートをしてくれる治療家を探しております^^
誰か近いところでいませんかね〜?

posted by kenta at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月11日

ワイナイナ

吉本陸上の放送があってワイナイナがリレーを走っていた。

ワイナイナは長距離選手。
走力自慢の芸能人を抜き去る姿はカッコ良い!!

しかし。。。

リレーを走っている姿が何とも意外。

カッコよく無い!!!

餅屋は餅屋です。競技に合わせて特化させた身体は他の競技になると、通常の人に比べれば素晴らしいパフォーマンスなのだろうが、どうもぎこちなく見える。
万能な身体を作るって何と難しい事だという事を改めて考えさせられた訳です。

平成医療学園の方が芸能人のケアをしてましたね。
最近鍼灸師や柔道整復師の養成学校も相当増えたようなので、宣伝効果あったでしょうか?
母校ではないですが^^

足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。




posted by kenta at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月16日

山道とロード

ダイエット<減量>に取り組んで半年程となりました。
食生活の改善と運動
この継続が不可欠であるのですが、仕事をしている日は中々運動が出来ない。。。
近所でいい場所が無いかと模索していたところ、ありました。

近所にある千塚古墳群。
広葉樹の綺麗な森に整備された道。
起伏は少ないが快適なランニングが出来る。
山もいいが、少ない時間で効率的に運動するには少し近場も良い。

ご近所の方もご参考になれば!
下矢印1下矢印1下矢印1
千塚古墳周辺トレーニング

足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。
posted by kenta at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月15日

姿勢に対する鍼灸の効果

『まっすぐ立って下さい!』
と言って患者さんに立位の姿勢をしていただく事があります。

客観的に姿勢をみてみると結構左右のアンバランスが見られる事が多く、本人はそれに気付いていないというパターンはよくある事です。

姿勢のアンバランスは痛みの代償運動が関係していたり、日常生活動作の影響や骨、軟骨の変形が関与する場合もありますので注意深くチェックする必要があります。
放置しておくと更なる悪化を招いたり痛みが多部位に及ぶ可能性もありますので、出来るだけバランスの取れた姿勢が求められます。

バランスの取れた姿勢を維持するには骨盤周辺の筋肉や関節が重要で、機能的な運動が出来ている事が理想です。
関節の遊びがあり、筋肉の柔軟性が十分ある方は鍼灸治療をちょっとするだけで機能回復が見られます。一方、関節の強い変形がある場合は難題ですが、治療を続ける事によって効果が現れます。
もちろん、セルフケアも欠かせません。

Bifore
左の肩甲骨が下制された状態で骨盤の後傾による円背がみられる。
IMG_0780.jpg

After
肩甲骨と肘のラインが揃い、骨盤の前傾が保たれ円背が抑制される。
IMG_0781.jpg

鍼灸でのアプローチは腰部緊張部への灸頭鍼のみでここまで姿勢が戻ります。
この後不良姿勢を引き起こした他の部位へのアプローチをして終わりです。
急性痛などの疼痛が強い場合はもう少し違ったアプローチをします。

このようなバランスの取れた姿勢を維持するには姿勢のチェックとセルフケアを継続してもらいます。

鍼灸は良い姿勢を保って健やかに生活するお手伝いが出来る訳です。

足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク






鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。




posted by kenta at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月05日

ハイドレーションと水分補給

山道を歩く時や走る際に役立つハイドレーション。
2ヶ月前に新しくザックを購入した際、このハイドレーションが付属した商品を買ったのですが、、、
なんと初回で破損に気づいたのです。
あってはならない水漏れ。。
というか完全に破れてた。

すぐに返品、その後やっと新品が到着しました。
IMG_1144.jpg

一番欲しかった夏はすでに過ぎ去ったが、、、 
まぁ、しばらく役に立つかな。

有酸素運動を続ける際、多くのエネルギーを消費します。エネルギーを消費する際に出るのが熱と水。それが汗となって身体から噴き出してくるのですが、水分の消失に加えてミネラルも体外に排出されます。
汗を舐めてみると実に塩辛い。ザックもベトベトになって、乾くと白いワジが出来るほど。
それだけ水分とともに塩分などミネラルも失われてしまう。

夏場にうるさく言う熱中症対策に水分と塩分の補給。
これは夏場に限らず、長時間の運動などで大量の汗をかく場合は必要不可欠なものです。

ハイドレーションには基本水を入れる。<お酒入れたらどうなるんだろう??>
スポーツドリンクなどを入れるとカビやすいとか、、、
水でも洗浄をしっかりして乾かすか低温で保存しないとカビると思います。
塩分はタブレットや塩飴などコンビニで売っていますのでポケットに忍ばせておきましょう。

そう、冬場はホースが凍結して使い物にならない場合があるので要注意!


足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。


posted by kenta at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pofile
名前:Kenta Nakagawa
年齢:37
誕生日:1977/8/6
性別:男性
職業:鍼灸師・柔道整復師
e-mail:info@tougenkyou89.com
一言:湯元郷治療院へようこそ!
star.JPG

過去のブログはこちらから
最近の記事
(04/01)ブログ移転のお知らせ
(03/25)4月より講演会を開催いたします
(03/11)ネイチャーストーブでカレー作り
(02/25)ヤマト一周トレイル南東ルートの開拓
(02/24)屯鶴峯の洞窟
(02/04)ヤマト一周トレイルの原案
(12/26)蜂に刺される
(12/10)後脛骨筋腱炎
過去ログ
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(3)
2016年12月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(3)
2016年02月(2)
2016年01月(4)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
リンク集
HAIR SALON Arts
聖域を駆ける
jpaa director のブログ