'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION) とうげんきょうはあなたの健康を応援します!

2016年05月08日

第3回十津川トレイルラン2016の下見に行って来た

いよいよ5月15日に開催される大会。
無事に案内書が到着しました。<提出が遅かったのでギリギリ>
下見をするべく出かけて参りました。
こちらのリンクから見る事ができます
下矢印1
下見に行って来た

全てを下見できずに約半分という事になります。
IMG_3498.jpg
昴の郷を出発して真ん中の黒い線を含め、途中でルートに合流する形で南側を今回走ってきました。
距離は20キロ 4時間10分程かかった、、
途中で2回ほど道に迷い、ブナの平に立ち寄り写真を撮りまくるなどタイムロスがあったので当初は3時間半で戻るつもりでした。これに天上山のルートをプラスすると5時間台が目標となります。
ここをどれだけしっかり走れるかがポイントになりそうですね。
ちなみに昨年トップ2は4時間40分台で完走しております。
恐ろしく早い!!

今回は、後半のセクションを走った訳ですが、、
やはり果無しへの登りは長く険しいです。
実際にはコースを見失ったのですが、雨が降ると最悪です。果無し山脈の尾根に上がってからは極上のトレイルが続き、疲れを忘れることでしょう。
もう一点、果無し集落からの下りは石畳。。。
これまた雨が降ると危険極まりない。以前沢靴を試したことがありますが、それでも滑りました。

私は地元なので前日夜に十津川に入りますが遠方の方は出来るだけ宿泊された方が良さそうです。
大阪からノンストップで2時間半の運転 そのあとに走るのはちょっとお勧めできませんね。

そうそう、お金を振り込まないと!!^^


足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。



posted by kenta at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月29日

第3回十津川トレイルラン2016の下見に行こうかどうか?

ルートを確認

明日上記ルートを予定 18キロ目標は3時間30分。
本番は孫入峰から山手、谷垣内、玉垣内、天上山を越える35キロ
今日は既に10キロのクロカンを済ませ、明後日はアマゴ釣りで谷を歩くので足を残しておかないと・・・

こちらのコース、何と言っても出谷から果無峠までの急坂が辛いと思われる箇所。
行ったことがないので一度は見ておかないと。

それより申し込みが遅すぎたので参加できるんかな?(汗)
下見の結果はまたアップいたします〜
足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。

posted by kenta at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング

2016年04月17日

2週連続のチャレンジダイトレ

4月10日に大阪府山岳連盟主催の第42回ダイトレチャレンジ登山大会が開催されました。
こちらの大会は登山の部とトレランの部に分かれておりトレランの部は事前登録が必要。
急遽参加する事にしましたが、体調管理が上手くいかずバテバテの状態、6時間33分でゴールでした。
2月末にトライした時は6時間35分。 2分の成長でした。
目標は6時間切りだったのですが。。。

私は事前登録をしておらず、当日参加2500円を支払い参加しました。
Tシャツもらいました^^

自分自身ではちょっと不甲斐ない成績だったので、中4日空けて4月15日金曜日に再度ダイトレに挑んで参りました。

AM7:37
スタートは二上ふたかみパークより。
まずは二上山方面の岩屋を目指します。

AM8:03
IMG_3040.jpg
竹之内峠。ここからしばらく舗装道路が続きます。
舗装路は坂道でもなるべくジョグで切り抜けていきます。

AM8:29
IMG_3041.jpg
平石峠、まだ1時間経っていない。葛城山まで2時間が目標なのでここから岩橋山までの登りが心配。。

AM8:50
IMG_3042.jpg
岩橋山にたどり着きました。
ここにはベンチがいくつかあるので慌てず座ってストレッチと水分補給

AM9:39
2分遅れた。
IMG_3043.jpg

IMG_3060.jpg
葛城山に到着。
流石に5日前の疲れも感じながら重たい足を動かす。素早くトイレを済ます。
天気が良くて眼下の景色に癒されながら水越峠まで下山。
前回はこの辺り渋滞していたので足が止まってしまいました。

AM10:02
IMG_3064.jpg
下りは足が鍛えられたせいか辛くない。
この間に呼吸を整えて次の金剛山に備えて。。。

AM11:03
IMG_3066.jpg
約1時間で千早園地に到着。
頑張ればもう少し早く登れたかもしれないがさすがにあの階段には手こずらされます。
ただ1歩も止まらずが良かったですね。

AM11:21
IMG_3067.jpg
後半で一番と思われる急坂を越えて中葛城山を通過。
今日は6時間は切れると確信しながらもしかすると4時間台も!?
と欲が出る。

AM11:53
IMG_3069.jpg
行者杉を通過。
さすがにキツい、、そしていつものケツ痛が起こり始めました。
仙腸関節をイメージして背中で登るという今回の注意点も疲れとともに崩れて来たようです。
ただ、足首周辺は元気で痛みもないのが不思議でした。
ここからは下りです。

PM12:47
IMG_3070.jpg
長いトレイルが終わり舗装路に出て間もなく5時間台に突入です。
やはり下りでも30キロ付近はスピードが出ない。
心拍数も上げられないという状況になります。
これは日々の鍛錬で鍛えなければならない所でしょう。
最終的に5時間10分でゴール出来ました。
前回から1時間20分も短縮です^^

まだまだ課題が多くあり4時間台を目指す良い材料が見つかりました。
その@栄養の摂取
今回はポカリ500ml 水700ml カロリーメイト2本 飴2個
低燃費でしたがもう少しエネルギー摂取しても良かったかと思います。

そのA水越峠からのラン
水越峠からはほぼ歩きでしたのでこのセクションをもう少しラン出来れば時間短縮につながります

そのB階段のスピード
今回は登り階段でも多少走りを取り入れました。
登りのスピード差はタイムに大きく響くのでプラス10歩でも駆ける事が目標です。

そろそろ急成長は望めないのでちょっとした差を埋める作業がこれから求められそうです。
でも暑くなる季節。。。
涼しい場所を目指して山登りするのもいいかなぁ。

お知らせ
ゴールデンウィークはカレンダー通りのお休みとさせて頂きます。
5月6日金曜日は十津川での治療となっております。
予約制の治療院ですのでお早めにご連絡をお願いいたします。


足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。





posted by kenta at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月08日

第5回六甲縦走トレイルラン2016 (レビュー)

第5回六甲縦走トレイルラン2016
こちらの大会のレビュー。フェイスブックにて詳細をこちらのブログにアップするとお知らせしていたのですが大幅に投稿が遅れてしまいました・・・
明後日4月10日、ダイヤモンドトレイル(チャレンジダイトレ)に行こうと思っていて神戸六甲をレビューしながらテンションを上げようかと。。ちょっと体調が優れないので気持ちだけでもね。
後日ポッドキャストにても音声配信をいたします。(ネタ無いのかい!!^^)

3月12日
天候は晴れ、相当寒くなる予想でしたが案外暖かく、出発時点から短パンとロングスリーブでの行動となりました。
IMG_2793.JPG
私のゼッケンは666番。ゾロ目と縁起が良い^^
参加者が750名程でしたので後方のスタートとなりました。

今回のレースは有馬温泉がゴールとなります。
あらかじめ早朝に車を停車させておき神鉄で神戸方面に向かい須磨浦公園へと移動しました。

AM8:55
IMG_2799.JPG
ちょっと早めに到着したので須磨浦公園のガストで栄養補給。
スタート直後は 須磨浦公園からいきなりの急坂を登り旗振り山へ。

IMG_2821.JPG
明石海峡大橋が綺麗に見えました。

一旦高倉台に下りてウォーキング指定の箇所を通過。

IMG_2822.JPG
横尾山を越え馬の背にやって来ました。
蟻の行列状態。渋滞がひどかったです。

六甲縦走の特徴は前半に低山を小刻みに上り下りし、市街地を通り抜ける事。
真夏にこのアファルトは堪えるでしょう。

AM11:00
IMG_2824.JPG
鵯越を通過していよいよ山岳地帯へと入って行く。
菊水山手前のゴム階段は苦手なセクション。。
斜度のキツイ坂道を上っていきます。

AM11:38
IMG_2826.JPG
2時間40分程で菊水山を通過後は有馬街道をまたぎ、鍋蓋山へ上昇する。
この登り返しが結構大変。。

鍋を過ぎて市が原までは下りが続く。
市が原の桜茶屋からいよいよ最大の難所、摩耶山へ一気に登っていく。

PM1:30
摩耶山に到着。(しんどいので写真撮れなかった・・・)
スタートから4時間半経過、摩耶山までの坂道は予想通りしんどかった。。稲妻やら天狗やら。ただ、各所のエイドにあるチョコレートや麩菓子など甘いものがこれほど美味しいとは!!次回の参考になりましたよ。
摩耶山に到着して『やっと着いた!』なんて思わず声が出ました。しかし、実は摩耶山から東に行った事が無く、下りが続くであろうと思っていた私には摩耶山を通過してからが最も過酷な状態となってしまった。
繰り返すアップダウンに何度も車道を横切り、ボディーが効いてくるように体力が消耗されていく、、六甲最高峰に到着した時にはヘロヘロになっていました。

PM3:25
IMG_2835.JPG
六甲最高峰からは有馬温泉を目指します。
ここからは下りになります。
魚屋道(ととやみち)をひたすら下って行きます。
私は7時間切りを目標にしていたのですが残り30分!!
目一杯飛ばしましたが流石に無理でした。

PM3:57
IMG_2839.JPG
有馬温泉のゴールに到着。
惜しくも7時間は切れませんでしたがこれが今の実力。。
それよりも初めてこのコースを完走できた事が嬉しかった。
ゴール地点にあったポテチ、チョコレート、ラーメン(辛)スポーツドリンクが体に沁み渡りました。

普段山を走っている時はエイドが無く行動食を摂取していますが、エイドはやっぱりありがたいですね〜。 キャノンボールではお酒もあるようで^^ お祭り気分で行ってみたいと思っていますが往復はちょっと・・・

時々このようなレースをこなして行くと自信にも繋がり良い刺激になるのでこれからも続けてみようと思います。
スクリーンショット 2016-04-08 22.44.31.jpg

リザルトは完走者男子494人中の183位
8時間縛りという一応の約束もあり、途中下車された方も多かったようです。
一桁の仲間入りをするには6時間半を切らなければなりません。
次なる目標ですね〜、次回はきっと切れると思います^^

足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。




posted by kenta at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月27日

走る人の為の足のトラブル特集B

鵞足炎について<膝の内側の痛み>

走り過ぎたり、繰り返される膝への衝撃などいわゆるオーバーユースの状態になった時、膝の内側に痛みが出現す場合があります。この症状でまず初めに考えられるのが”鵞足炎” 痛みはおおよそ膝の内側に集中し、膝全体が腫れる場合は他の部位の損傷を疑わなければなりません。

痛みは走っている最中はそうでもないのですが、走り終わった後や、休息後に動き始める瞬間、ひどくなると安静時の痛みさえ出現してしまいます。
その痛みは辛く、走るのが億劫になる程で、体からの赤信号と捉えて良いでしょう。
時々膝の内側が部分的に晴れたり熱感を持つ事もあります。

なぜ鵞足?なぜ痛くなる?
gasoku.jpg
この図を見ていただくといかがでしょうか。
鵞鳥の水かきのような形をしているでしょ?分かり難いか・・・

鵞足を構成する縫工筋、薄筋、半腱様筋が腱組織となり膝の内側に引っ付くのですが、この部分に無理な曲げ伸ばしのストレスがかかると炎症が発生してしまう訳です。結構あちこちから集約されて膝の内側に引っ付くのです。正確には下腿部、脛骨の内側。
もしこれらの筋肉に柔軟性が無ければ、もしくはこれらの筋肉をサポートする筋肉が硬くなってしまったら、硬いままで長距離を走ってしまえば炎症を起こしてもおかしくはありませんね。

しかし、運動選手の中ではいくら走ってもこの部分が痛くならない人もいます。
体重は重たいか軽いか?
膝のアライメントは正常?
ストライドは短いか長いか?
ストレッチは十分できているか?
体幹部分の筋力は十分あるか?
体幹の柔軟性はあるか?
この様な事は一人一人の個人差があるので問題点は個人で変化します。
ここをしっかりと見ていかないと良い治療は行う事ができません。。。
そして改善しなければ痛みを繰り返す結果を招いてしまいます。

鵞足炎の対処について

鍼灸治療・・痛みの緩和に有効です。炎症部分の周辺に鍼灸をしたりする事もありますが、関係する筋肉などにも治療します。東洋医学的にツボを選択して皮内針などを施す事もあります。治癒力を引き出す為に他動的に治療をしていくのであれば鍼灸治療は非常に良い手段と思います。

ストレッチ、マッサージ・・膝の内側を伸ばすのみではなく、体幹筋や臀部のストレッチも行います。セルフで行う時は十分な制動を受けてください。

アイシング・・痛みが強い時はアイシングを行います。走り終わった後違和感があるのであれば必ずしてほしいですね。

テーピング・・意外と効果あります。筋肉に沿って貼り付ける伸縮テープが一般的。私自信体重が重かった頃足底に痛みが出た際、テーピングで助けられました。一枚のテープで痛みが完全に消えましたよ。

フォームの改善・・ジョギングをしながら膝にかかる負担や重心の移動などを描きつつ運動をすると良い結果になる事も。また、第三者にフォームをチェックしてもらうも良し。ただ、フォームは個人で差があるのでこれといった正しいフォームって無いですね。イメージとそれに納得する走り方が出来れば良いかと。力学的にはピッチ走法の方が負担が少ないと思うのですが。

安静・・十分休息が取れれば自ずと治癒していくものですがアスリートはこれが苦手^^

この様な事は鵞足炎に限る事では無いのですが、もし痛みが出現した時には落ち込まず前向きに治療に専念して克服してほしいものです。克服できれば壁を乗り越えた事になり自信に繋がるでしょう!!
足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。




posted by kenta at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pofile
名前:Kenta Nakagawa
年齢:37
誕生日:1977/8/6
性別:男性
職業:鍼灸師・柔道整復師
e-mail:info@tougenkyou89.com
一言:湯元郷治療院へようこそ!
star.JPG

過去のブログはこちらから
最近の記事
(04/01)ブログ移転のお知らせ
(03/25)4月より講演会を開催いたします
(03/11)ネイチャーストーブでカレー作り
(02/25)ヤマト一周トレイル南東ルートの開拓
(02/24)屯鶴峯の洞窟
(02/04)ヤマト一周トレイルの原案
(12/26)蜂に刺される
(12/10)後脛骨筋腱炎
過去ログ
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(3)
2016年12月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(3)
2016年02月(2)
2016年01月(4)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
リンク集
HAIR SALON Arts
聖域を駆ける
jpaa director のブログ