'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION) とうげんきょうはあなたの健康を応援します!

2012年08月15日

いざ北山川へ

北山川は奈良県と三重県、和歌山県を流れる川で、瀞峡の有名な場所です。瀞峡より下流で本日はアユ釣りをしたんですが、
水害後のコンディションは非常に悪く悪戦苦闘でございました。

メンバーは先日川のチェックに行った三名プラス遅参加の一名<竿頭>


GOPR0508.JPG
水計<みずはかり>
どうです?北山川奇麗でしょ?

GOPR0521.JPG
コウネ下
兄のLOVE POINT
うなぎもいるんですよ!

GOPR0523.JPG
川で食べる昼飯は最高!
ちょっと一杯がまた最高!!

GOPR0546.JPG
平瀬
四人並んで本日のクライマックス!

釣果?? 私は小魚1匹でした。。。
本当に難しいアユ釣り。
リベンジしたいですね。

posted by kenta at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月14日

いざ渓谷へ

お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?本日は残念ながら雨です。
十津川温泉で開催される盆ダンスも中止となってしまい残念な結果となりました。。。
焼きそば、かき氷、フランクフルト部隊も活動休止です。

また来年、晴れを願いましょう。
また、大字に材料代などご負担いただき感謝いたします。
次回頑張ります!!

晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

さて、昨日はアマゴ釣りに出かけました。
名人と山の中を分け入り渓谷へ。

普段山道を歩いていない私にとってかなりハードな釣行。
”白谷の鉄塔”
以前から 『あそこはえらいぞ!!』と聞いていたのですが
こんなにしんどいとは。。。
川に到着したときは足が棒になっておりました。

山道というよりでした。
しかも大雨。
蛭の大群、、、湿った道の上には蛭が大量にいて、首を持ち上げて待っている。
ところが名人、そんな事気にせずどんどん奥に進みます。

GOPR0454.JPG
白い岩がむき出しの奇麗な谷

GOPR0495.JPG
大きな淵

GOPR0504.JPG
雷雨がひどくなり、増水傾向にあったので戻る事に。

帰り道、名人についていくの精一杯。
この時すでに長靴が破けて右足が水浸し。
落ちたら命が無くなる場所多数・・・
半泣きで元来た崖を上り無事に帰る事ができました。
本日はキツイ筋肉痛です。

魚が釣れたのって?? 
私2匹 名人10匹程・・・

こちらが動画
posted by kenta at 10:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月02日

十津川検定??



先程アップしましたブログ記事に文字化けが発生いたしました。ご迷惑おかけいたしました。iPadからの互換性はあまりよくないようです。。。

さて、オリンピック観戦で寝不足の方も多いのではないでしょうか?



彼らの競技にかける想いは並大抵じゃないですね。

肉体と精神を鍛えることは苦痛を伴いますが、目標を明確にする事で軸がブレないのでしょう。それでも普通の人は挫折するんでしょうね。

全く関係ない話なのですが、兄より『十津川検定』発足の一報がありました。意味不明!まず、検定を行う理由が何か聞いていない。京都検定ってありますが、ちょっと調べてみました。

なるほど、合格者にはいくつか特典があって、施設利用や宿泊施設の優待があったり、大学での客員研究員として講義を受けることが出来たり図書館の利用などもできるようです。三級〜一級まであって一級は記述式。それ以下は四択問題。三級の過去問をして見たけど、勉強しなければ合格は無理でしょう。結構難しい。。。
主催者側は商工会議所で京都市や国土交通省まで協賛している。
おおよその目的は観光地の活性化と組織運営売り上げといったところでしょうか。

受験料も結構高いので漢字検定には及ばなくとも結構儲かるのかも!
潤沢な資金があるのか、ホームページもしっかり作られています。
http://www.kyotokentei.ne.jp/

田舎の魅力を伝えたり考えてもらう機会としてはこの検定、非常に良いツールとなりそう。

しかし、こんな立派なもんは無理なので、まずは問題を作ってみようという話になっている。三級位の問題を公募するのが第一歩として面白いかも!!


例えば、問題1 十津川村谷瀬の吊り橋の長さは次のどれか?
1,277m
2,287m
3,297m
4,307m

挫折しないように続けて考えてみようか〜!

答え分かりました??(^O^)

面白いアイデアがございましたらメッセージをお願いいたします。




posted by kenta at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月23日

十津川村でコンサート

お知らせ

平成24年7月30日(月) 午後5時頃 昴の郷ロビー
平成24年7月31日(火) 午後1時半〜 高森の郷デイサービスロビー
の日程でリコーダーアンサンブルが開催されます。

メンバーは神戸から来村されます。
家内の母親、叔母が参加するチームで各所でのコンサートを
開催しています。

るんるんどうぞお立ち寄り下さい。るんるん


ポスターをご覧の方は下の文章をクリック↓

十津川ポスター12 7 31~1.pdf

posted by kenta at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月21日

鍼灸と健康保険

私は鍼灸の治療を行っておりますが、実は健康保険の取り扱いも行っております。

鍼灸に健康保険?
そう思う方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。案外知られていません。

健康保険を利用するには特定の疾患に当てはまれば可能です。
保険者が認めた場合は特例もあるようですが、、

しかし、誰でも簡単に健康保険を利用した鍼灸治療はできません。
それには以下の条件が必要です。

医師同意が必要(同意書の発行)
リウマチ、腰痛症、五十肩、神経痛、頸腕症候群など幾つかの疾患に限る
etc

しかし、上記の症状の中でも、一度もしくは数回の治療で治癒する場合もあります。
このような方に対して私は健康保険をお勧めしておりません。
っていうより治癒させる治療を常に目指しています^^(がんばるぜぇ)

ところが、私は神の手など持っていません・・・症状の緩和しか出来ない事もあります。
苦痛により日常生活に支障が出る
寝たきりになっていて動けない
治療回数を多くしないと体の調子が維持できない
このような大変な思いをしている方には治療費の負担が大きくなる為
健康保険の取り扱いをお勧めしております。

さて。保険とは?
困った時に使うもので、保険料を多くの方から徴収しています。
残念ながら、『健康保険料を納めているから使わなければ損』とおっしゃる方もいますが、それは大きな誤りです。
もっと日本人らしく謙虚にならなければなりませんね。
無秩序になると本当に困っている方がしんどい思いをする事となります。

成長してしまった日本は無秩序で謙虚さを失っていた為、増税や社会保障の面で
困難な壁を乗り越えなくてはならなくなっています。今現在。。。
景気の良い時に有頂天になっていた。保険者も同じように無茶苦茶していた時代があったでしょ。
保険とは少し違うかもしれませんが、年金問題なんかは代表的な国の失態です。
少子化も将来への不安があるからこそどんどん加速している。というより
次世代の事を考えている人がどれだけいる事か。


話はどんどんずれましたが、誰でも保険を利用した治療が出来ない事をご理解いただきたいと思います。

予防的に鍼灸治療を
症状の出始めに鍼灸治療を
悪くなる前に治療を行えば効果も出易く、治療回数も少なくて済むでしょう。


posted by kenta at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月19日

十津川木材の有効利用

久しぶりにブログが更新されます。
facebookの更新に伴いトップページは時々写真が入れ替わったりしていますが、ブログへの直接入力はほんと久々なんです。

さて、今日は家を建築する為に一つのアイデアと思って橿原市の十津川木材を利用したモデルハウスを見てきました。

外観(パッシブハウス)
037.JPG
屋根に工夫があって、直接日が入りにくく設計されています。煙突もカワイイね!

4月からのモデルルームオープンという事で非常に綺麗です。中には二名の案内スタッフの方がいらっしゃいました。
丁寧に説明を頂きました^^

007.JPG
パッシブハウスの心臓。
聞きなれないpassiveといいう言葉ですが、ポジティブ(positive)の反対の意味があります。
受動的と言ってよいでしょうか、とにかくエコな作りになっています。詳しくは以下のサイトにて
http://passivehouse-japan.jimdo.com/パッシブハウスとは-what-is-a-passive-house/

梅雨明けのくそ暑い状態にお邪魔しましたが、なんとも屋内は涼しく、快適に保たれています。
驚いたのは家庭用のクーラーを一台のみ稼働させていた事。
というのも、広々とした屋内に空調がしっかり行きとどき、空気が滞らないんですね。
サッシは3重構造になっていて外界からの影響が少なく防音です。
驚くほど静寂です。

033.JPG
部屋の各所にこのような通気候があって空気が循環されている。

009.JPG
一階と二階は透明的な階段によって隔たりが非常に少ない。

024.JPG
冬場はこちらの暖炉で十分暖を取る事が可能。
薪を使って屋内を温める。長時間の温暖効果がある。
木を利用する。こちらの暖炉は140萬円也。
パッシブハウス用に開発されたハンドメイドらしい・・・ぞ!


015.JPG
3重構造のサッシ。これが高断熱、防音に役立ち快適さを作っているのだろう。
もちろん外枠には十津川の木が利用されている。
ドイツ製。。。高そう。 十津川に専門の職人が居ればいいのに。


003.JPG
広々としていて我々3人家族には広すぎる。
家の値段もこちらのモデルルームで5000万円。土地代は別。
手が届かない。。。

今後もっとコンパクトで安価に住宅を提供できれば相当人気が出ると思います。
実際に家を建てるときに欲しいと思いました。っていうかこの家中古物件として半額で売ってくれんかな?
治療院もできるぞ!(イオンの前だし^^)
十津川には300年を超える住宅が点在しますが、やはり木造家屋が良い。
手入れは大変ですが、日本の風土に合った木を使った家は強いと思います。
ちなみに十津川村内でもう少しエコノミーな住宅を今後展示するそうです。
楽しみですな。

034.JPG
壁の構造も十津川の建築技術を活かしたものらしい。


少しずつ勉強してみよう。
今後はパッシブハウスかな! といっても家を購入する人の最大の悩みは消費税か・・・



posted by kenta at 23:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月26日

十津川村水害復興治療ボランティアの終了お知らせ

昨年より行って参りました十津川村災害復興治療ボランティアは4月にて終了させていただきました。
合計5回の実施。日数は8日間。
来院人数 30名
治療参加ボランティア 合計6名
京都や大阪から治療家に来ていただきました。
その間、新聞の取材を受けるなど少し注目された活動でもありました。

治療家の募集はこちらの日記とFace bookのみ。
来れなかった先生方や声をかけて頂きました先生方には大変感謝いたしております。
励みになりました。

十津川村の水害後、徐々に復興が目に見えてきた事や、被災者の健康面での心配が徐々に薄らいできた事が終了の理由です。
ボランティア活動の難しさを知り、また鍼灸治療の可能性を感じる活動となり非常に勉強になりました。
これから暖かくなり台風シーズンを迎えます。強い雨が降るとあの凄まじい水害の記憶が脳裏に浮かんでまいります。
村民はこれからこの苦痛を乗り越えて行かなくてはなりません。
一人でも多くの方が健康でいられますよう!明日からも走ります。(釣りも楽しむけどね^^)


IMG_0486.JPG
posted by kenta at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月22日

no-title

NCM_0010.JPG
イタドリ頂きました。十津川村ではゴンパチと言います。大好物です〜。 ゴンパチにはレスベラトロールという成分が含まれ健康の手助けをします。(^_^)
posted by kenta at 02:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月17日

トカゲバトル動画版

このビデオをYouTubeでチェック:

http://www.youtube.com/watch?v=V2fjFfYOSGY&feature=youtube_gdata_player


送信者 湯元郷治療院(とうげんきょう)
中川憲太
posted by kenta at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月15日

キクヤのボタン桜 Full blooming Sakura at Kikuya.

写真.JPG



今日が見頃です。暖かい日になりました。

送信者 湯元郷治療院(とうげんきょう)
中川憲太
posted by kenta at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月14日

test

NCM_0001.JPG
test mail from android to tougenkyou89 blog.
posted by kenta at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月11日

治療ボランティア情報と最近の村内状況

昨日は雪が降りました。
天辻峠はこれから凍結の恐れがあります。

十津川村での治療ボランティアについてですが現在1名の予約を取りました。
今回で仮設住宅は2度目の訪問になりますが、まだ入居していない人もいらっしゃる模様で
どのように展開していくのかは今後の流れを見ながらになります。

ボランティアの人材については12月24日、25日は兵庫県から応援の先生が1名。
1月は京都府からの応援の先生が3名。
2月以降は決定していませんが関東からも応援に駆けつけていただく予定もあります。
更に、理学療法士が中心となって発足しているface to faceからも打診があり、
状況を見に来ていただけると先日お話をいただきました。

少しでもニーズが増えるように努力しており、たった1人ですが、本日はそういった意味では
大きな一歩だと思います。また、来村の先生は十津川村に宿泊されますので旅館、民宿の手配も
行っております。
一年単位でのボランティア活動を予想しており気長に行う予定です。
十津川村内での治療は大変忙しくなり通常の業務にも影響が出ないように配慮をする必要が
あります。 さて、仕事にでかけよう。


IMGP2318.JPG
つり橋1週間前

上野地の方と話をしてみると、やはり観光客は少なく各所商店も
閉店している状態なので寂れてしまった雰囲気があるとの事。
実際土曜日のお昼にこの写真を撮影しましたが、つり橋を渡りに来る
お客さんは一人もいませんでした。
夏にはキャンプで下の河原が賑わいますが、土砂ダムの影響で数年間
はキャンプ場も閉鎖しなければならない可能性もあります。
村にとっては大きな損害ですし、お店をしている方々の事を考えると
本当に気の毒です。

posted by kenta at 12:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

test

test
kenta_nakagawa / 中川憲太
昴の温泉入ったけどやっぱりいいねぇ!疲れが回復した。 at 12/10 11:30
 
posted by kenta at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月11日

ボランティア募集について

十津川村水害ボランティア募集の御案内

この度の台風十二号による十津川村内の水害により多大な被害が発生し、未だに完全な復興が行われず御苦労されている皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
この水害により住宅を失った方々の為、現在村内各所に仮設住宅が急ピッチで建設されており、近隣建設業の方々の御尽力により徐々に全体像が見えて参りました。私自身水害直後に十津川村に戻り復興に向けての様子を目の当たりにし、村内各所、主に南部ではありますが、治療活動を通して地域の方々の健康状態を診て参りました。患者さんの中にはストレスによりこれまで見られなかった症状や苦痛を訴える方も見受けられております。今後、特に仮設住宅に入居される方々につきましては環境の変化や心労により様々な症状を訴える方が増加する可能性がございます。
鍼灸・マッサージ治療は身体的な苦痛を和らげるのみならず患者さんとの対話によって精神的な苦痛も緩和させる効果が期待できます。そこで全国の治療家に呼び掛け少しでも困っている方々の支援になればと考え今回の提案をさせていただきました。もしボランティアの声が多数集まるようでしたら実施したいと考えております。

********************************

◎鍼灸・マッサージ・リハビリ等に携わる方々へ
1、国家試験取得者の公募
(鍼灸師・あん摩マッサージ師・柔道整復師・理学療法士)
2、その他リラクゼーション等のお仕事に従事されている方
(認定を受けたセラピスト等)
3、湯元郷治療院より公募された方
4、NPO法人JPAA研究会より公募された方
5、NPO全国鍼灸マッサージ協会より公募された方

◎日程
12月10日・土曜日午後〜12月11日・日曜日午前 
12月24日・土曜日午後〜12月25日・日曜日午前 
1月14日・土曜日午後〜1月15日・日曜日午前
2月11日・土曜日午後〜2月12日・日曜日午前
セラピストは当初1名〜2名で受け付けさせていただきます。
先ずは予定の合う日程で登録のみご連絡を頂ければ幸いです。その後村内災害対策本部等を通じてニーズを募集いたします。

治療施術はすべてボランティアで行う事とし、交通費は公共の交通が停止しておりますので車での御来村ならびに自費での御負担でお願いいたします。
お車の無い方は一度御相談下さい。乗り合いでの来村、もしくは有料ですが車を一台チャーターいたします。万が一、交通事故等のトラブルはすべて自己責任での対処となりますので御理解下さい。宿泊は湯元郷治療院にて無料の宿泊手配を行う事が可能です。又、宿泊施設希望者に対しましては予め宿を予約いたします。宿泊料につきましては宿により異なるのでその都度確認をさせて頂きますが自費での御負担をお願いいたします。現在村内は観光客が来村しておらず、宿泊施設の御利用は地域復興に対して大変ありがたいものですのでご協力頂ければ幸いです。日時、時間等につきましては現在計画中ですが、頻繁に来村されるのは困難であると考えられますので一カ月の内、一回程度土曜日午後、日曜日午前を予定したいと考えます。
10月28日現在、国道168号線について降雨時は通行止めになる可能性があります。廻り道が幾つかございますので非常の際は御案内させていただきます。衛生材料については準備できますよう努力いたしますが基本的にはご持参いただければ幸いです。

現在準備できている設備
治療所内 3部屋 ベッド2台 消毒設備 

連絡先 中川憲太 
〒637−1554 奈良県吉野郡十津川村平谷
電話 090−2594−4152
メール info@tougenkyou89.com

2011年10月29日
NPO法人JPAA研究会専務理事
NPO全国鍼灸マッサージ協会奈良支部長
湯元郷治療院院長
鍼灸師・柔道整復師 中川憲太

posted by kenta at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

村民の皆様へ

鍼灸・マッサージ・リハビリ等無料利用の御案内 
2011年10月29日

この度の台風十二号による十津川村内の水害により多大な被害が発生し、未だに完全な復興が行われず御苦労されている皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
この水害により住宅を失った方々の為、現在村内各所に仮設住宅が急ピッチで建設されており、近隣建設業の方々の御尽力により徐々に全体像が見えて参りました。私自身水害直後に十津川村に戻り復興に向けての様子を目の当たりにし、村内各所、主に南部ではありますが、治療活動を通して地域の方々の健康状態を診て参りました。患者さんの中にはストレスによりこれまで見られなかった症状や苦痛を訴える方も見受けられております。今後も避難生活を余儀なくされる方々につきましては、環境の変化や心労により様々な症状が発症する可能性があります。このような症状に対して、私たちの行う治療や施術は身体的な苦痛を和らげるのみならず患者さんとの対話によって精神的な苦痛も緩和させる効果が期待できます。そこで全国の治療家に呼び掛け、少しでも困っている方々の支援になればと考え今回の提案をさせていただきました。現在、治療家のボランティアを公募しております。

********************************

◎治療をご希望される方々の条件等
1、台風12号の影響により仮設住宅に入居されている方
2、台風12号の影響により近隣の家屋に避難生活されている方
3、台風12号の影響により経済活動が困難になり、収入が著しく減収した方
4、湯元郷治療院内での施術になります(高齢者、歩行困難者等は含まない)
5、往診は平谷小学校、小原地区の仮設住宅に限りますが地理に詳しい施術者がいる場合は他の仮設住宅への往診も検討いたします
6、治療費はすべて無料です
7、講演等の健康に関するセミナーが開催される場合はすべての村民が対象
8、実施期間 平成23年12月中旬から4カ月毎更新

◎日程
12月10日土曜日午後〜12月11日日曜日午前
12月24日土曜日午後〜12月25日日曜日午前
1月14日土曜日午後〜1月15日日曜日午前
2月11日土曜日午後〜2月12日日曜日午前

状況により日程の変更や中止になる事もあります。また、すべて予約制になりますので予めご連絡を頂きますようよろしくお願いいたします。予約人数が多い場合は治療が出来ない場合がございますのでご了承ください。

◎内容
理学療法士によるリハビリ指導
鍼灸師による治療
あん摩マッサージ師による治療
柔道整復師による治療
アロマセラピスト等によるボディケア
※注意 すべての資格者が揃う事は困難です。施術者により治療の方法が異なる事があります。また、薬の処方などはできません。怪我をされた時は柔道整復師の応急処置などが受けられますが、後で医師の受診を受けられますようお願いいたします。ボランティアが集まらない場合は中止させていただきますが実現できますよう最大限の努力を行います。

予約連絡先 湯元郷治療院 中川憲太 
〒637−1554 奈良県吉野郡十津川村平谷
電話 090−2594−4152
メール info@tougenkyou89.com

送信者
NPO法人JPAA研究会専務理事
NPO全国鍼灸マッサージ協会奈良支部長
湯元郷治療院院長
鍼灸師・柔道整復師 中川憲太

posted by kenta at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月19日

快晴

十津川村内ここ2日程快晴が続いております。
ご近所さんは松茸狩りをする等徐々に平穏な日常がもどりつつあります。

先日新宮と十津川の間にある国道168号線が開通し、新宮までのアクセスは回復いたしました。
しかし本宮から下流は気の毒なほどの大きな被害を受けており想像を絶するほどの水が
地域に押し寄せた事を伺わせる爪痕がたくさん残っているとの事です。
まだ新宮方面には私も走っておりませんので状況ははっきりとは分かりませんが
訪れた人は皆驚いた様子で状況を伝えてくれます。

十津川温泉は未だに復旧せず各旅館、ホテルは温泉の無い状況が続いています。
温泉が早く復旧する事を望みますが先日の雨でまた源泉の一つが水に浸かったと
聞きました。水害に強い施設を作っていただければと思いますが中々上手く行かない
のが現状です。。。

また旧平谷小学校には仮設住宅が作られております。
かなり早いペースで骨組みがほとんど出来あがりました。
十津川の木を使った住宅は2年間限定では少しもったいないという意見もありますが
快適に暮らせる環境が整う事が重要だと考えます。
雨が降らずに早く完成する事を望みます。

近況報告
posted by kenta at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月12日

ご連絡いただきました皆様へ






NPO全国鍼灸マッサージ協会御中(メーリングリストが上手く反映されていないようです)
またブログ内、電話などでご連絡いただきました皆様へ

**********************



この度は十津川村台風12号被災に対しまして皆様の様々なご声援、並びにご心配のお言葉大変感謝申し上げます。皆様には早くご報告を申し上げる所でございましたが多忙の為やっとの思いで報告が出来ます。乱筆ではございますがご確認頂ければさ幸いです。





私自身、これまでの状況についてご説明させて頂きます。



台風12号の被害は凄まじく、今回は多くの被害が出てしまいました。中でも野尻地区と言う場所は本流対岸の土砂崩れによって川の流れが大きく変化しました。それによって村営住宅が流されると言う事態が発生し、私の同級生家族が濁流に飲み込まれました。地元消防団、警察、自衛隊が捜索していますが、手がかりさえありません。明日10月13日にも多くの人員を導入し、大捜索が行われます。少しでも手掛かりが見つかって欲しい。

台風直後より主要な道路が寸断され、村内4000人が一時孤立する事態となりました。私は9/4 NPO全国鍼灸マッサージ協会主催の市民フォーラムに参加し講演をする予定で大阪市におりましたが、水害の一報を聞き、皆様のご配慮により途中帰宅、情報収集を行い、わずかな情報をTwitterなどを利用して同郷の皆様に伝える事に従事しました。村からの情報は電話線、ケーブルの断裂によって情報が収集出来ない状態でしたが、しばらくして衛星電話などがつながり村内の様子が徐々に分かってきた状態でした。9/7 ようやく田舎に帰るルートを突き止めて三重県廻りで救援物資を車いっぱいに詰めて帰宅する事が出来ました。いつもだったら2時間半程度の道のりが実に8時間の時間を要しました。休憩は一回きりです。家に帰って驚いたのが電気が復旧していた事と住民の落ち着いた状況でしたが、三日経過した後だったので落ち着き出した所だったのでしょう。しかしあくまでも私の地元は他の地域に比べて水害の直接的な被害が少なかった事が不幸中の幸いでした。他の地域や下流域は本当に甚大な被害が出ていたのです。

帰宅後最初の2日間は浸水した家の片付けや周囲の家の確認、患者さんの状況確認などに追われましたが、3日目より徐々に治療が再開されました。ボランティアで何かできる事はないかと思いましたが状況はそれどころではなく何処に誰が避難をしているのかもわからない状況でした。

水害の疲れが出るのはおおよそ2週間後を境にしてからでした。普段診ている患者さんや普段元気な方からの治療依頼が急に増えました。色々な症状を訴える方が多かったのですが急性外傷で応急処置の依頼を受ける事は無く、一番多かったのが精神面からの疲れによる肩凝りなどが多かったと思います。今後この様な患者さんが増えると思い村のボランティアセンターに私のできる事を報告し、困っている人が居れば鍼灸治療を紹介してあげてくださいと伝えました。現在はボランティア募集センターは無いようです。

今現在私は忙しく治療活動を行っており非常に多忙な日々を過ごしております。経済活動も行なえており収入も徐々に戻りつつありますので生活の心配を頂いた方にはお気遣い感謝申し上げます。今回数名の先生が一度十津川村に視察に来て頂けると伺いました。しかし未だ許可の無い車は国道が通行できず、橋の崩落現場なども復旧していない為お断りする結果となりました。しかし今後仮設住宅が作られ、家を無くした方々が入る予定です。今後鍼灸のニーズが出てくる可能性がありますが私自身多忙になってしまって非常に限られた数の方々しか診る事が出来ないと思われます。この様な状況になりますと国民支援局を介したボランティアの治療家が必要になります。先ずは取り決めをしっかりと練ってみようと思っております。


 

現在の構想。

*ボランティアの治療を受けられる資格のある方は以下の通り

台風12号による水害で家屋が流された方、損壊により家屋に住めない方。家族全員対象
その他それに相当する被害の出た方々。

*治療は湯元郷治療院内で行う事を原則とする。

但し歩行困難者や交通手段の無い方は往診を行う。


*治療ボランティアは12月末を以って終了するが必要に応じて延長する場合がある。

まだ計画段階なので実施するに至るかどうかわかりませんが
困った人を助けたい思いは持ち続けております。
皆様のご協力御指導宜しくお願いいたします。

************************

以上の文章少し修正を加えてアップさせていただきました。

湯元郷治療院 中川憲太



posted by kenta at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月30日

動画を掲載

先ほど20分程かけて文章を打ち込んだのに、、、何故かページが落ちてしまって(悲)
もう文章を打つ気がしないので動画だけお届けいたします。
詳しい解説ができれば皆様に伝わり易かったと思いますが心が折れた。。。。

http://www.youtube.com/watch?v=-7KF1gkGCFQ

http://www.youtube.com/watch?v=hM_LzvwTJ30

長殿の様子です
posted by kenta at 01:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月27日

最近の様子

IMGP1635.JPG

折立橋はすでに山崎サイド撤去が始まり土台が盛られている。
右の残っている物を利用して新しく橋を継ぎ足す形となる予定と聞いている。
山手谷迂回路より


IMGP1645.JPG
山手谷迂回路にいる迷い犬
車ではねない様に注意願いたい。

本日も大規模捜索が行われたが何も手がかりが無い
明日も行われるので何とか手掛かりが見つかればと思う。



posted by kenta at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月20日

進む道路の復旧

IMGP1529.JPG

IMGP1532.JPG
イチザコの道路復旧の様子。
命がけの復旧が進む。たのんます!!


IMGP1538.JPG

二津野ダムにたまった流木。

posted by kenta at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pofile
名前:Kenta Nakagawa
年齢:37
誕生日:1977/8/6
性別:男性
職業:鍼灸師・柔道整復師
e-mail:info@tougenkyou89.com
一言:湯元郷治療院へようこそ!
star.JPG

過去のブログはこちらから
最近の記事
(04/01)ブログ移転のお知らせ
(03/25)4月より講演会を開催いたします
(03/11)ネイチャーストーブでカレー作り
(02/25)ヤマト一周トレイル南東ルートの開拓
(02/24)屯鶴峯の洞窟
(02/04)ヤマト一周トレイルの原案
(12/26)蜂に刺される
(12/10)後脛骨筋腱炎
過去ログ
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(3)
2016年12月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(3)
2016年02月(2)
2016年01月(4)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
リンク集
HAIR SALON Arts
聖域を駆ける
jpaa director のブログ