'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION) とうげんきょうはあなたの健康を応援します!

2016年01月30日

走る人の為の足のトラブル特集A

膝の痛みについて@

膝の外側に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ランナーに多い症状で、特に踵接地後に蹴り出す瞬間ズキっと痛みを感じてしまい上手く走れなくなってしまいます。ランナーの足のトラブルで臨床上でもよく見られます。その他、走っている最中に違和感を感じ、走った後に痛みが出現したり、膝の外側を押さえると痛みが出現する事も。。
そもそも、走らなかったらこのような症状は発症しない訳なのですが、駅伝やマラソン大会などの目標があったり、日々の健康増進に良く走る人にとっては練習を止める事がストレスになり、特に学生さんなどは目前の大会で結果を出さないとレギュラーの座が。。。。なんて方もいらっしゃる訳です。要するに走りすぎ(自分の限界を超えている)が原因となっているんです。

自分の限界とは体力や筋力だけではなく、柔軟性やアライメント、バランス感覚やフォームなどを総合的に勘案しての限界であり、結構個人差があるものです。いくら走り込んでも足を痛めない人は痛めないんです。

このような膝の外側に出る症状はランナーズニーとも呼ばれる腸脛靭帯炎の可能性が高いです。
解剖図
iliotibial-lig.jpg

腸脛靭帯はこのようなお尻の部分から平たいバンドのようになっていて膝の外側に付着する柔軟性の乏しい硬い組織です。そしてこのように結構長いんです。
働きは大腿筋膜張筋からの延長として踵接地に筋肉の収縮とともに長い靭帯がバンドの役割をして倒れないようにしたり、衝撃を吸収したり、O脚の場合は緊張して支えたりと結構いろんな働きをしています。

このように見ると痛みの箇所だけが悪いという訳ではなく、臀部の筋肉や骨盤の動き、更には上半身が上手く使えているかどうかという事にも目を配っていく必要があるんですね。
一度痛めてランニングフォームが崩れると反対側の脚のトラブルや腰痛を起こす可能性も出てくるのでしっかりとケアをする事が大切です。

鍼灸治療やマッサージ
腸脛靭帯に関係する筋肉の緊張状態をみて施術する事が多く、臀部や腰部にアプローチします。
また、他動的にストレッチをすると脱力した状態で出来るので効果的です。

ヒールパッド、足底板、靴選び
踵からの衝撃を緩和したり、脚のアライメントを矯正する意味もあります。

テーピング
筋膜張筋に沿ってサポートを行います。

ストレッチ
運動前、運動後に行いますが、腸脛靭帯のみを伸ばすというよりは他の筋肉もしっかりと柔軟性を出す必要があります。とにかく痛みの箇所だけにこだわるのは止めましょう。
腸脛靭帯のストレッチ

運動後のアイシング
5分程の暫時アイシングが効果的かと思います。紙コップに氷を作っておいて、患部に当ててクルクルと動かしながら冷やします。動かさないで置くと凍傷になるので要注意。冷却は細胞を冬眠させるような働きがあり、炎症を抑えます。また、冷水をシャワーで当ててそのあと温める事を繰り返す交代浴も効果的な事があります。(私のお知り合いの先生はこの方法が著効し絶賛しておりました)

温熱療法
熱感や発赤のある場合は炎症が強い時期なのでおすすめしませんが、温泉などを利用して全身を温めた後に上記のようなストレッチや鍼灸治療、マッサージなどのケアを施す事も良いですね。

走っていて膝の外側に違和感が出てきた場合はすぐに歩行に変更し、使いすぎないようにしましょう。必要な時の休養も大切ですし、早期に対処すれば必ず早期に治りますよ。

運動時間とリカバリータイム
リカバリー(ストレッチなど上記の方法、休養、食事にかける時間もしっかりと取るように!)


足跡代わりに下のボタンをポチッとしていただければやる気スイッチがONになりますので宜しくお願いします^^にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



スポンサードリンク







鍼灸治療は 痛みの軽減、抵抗力の増進など自らの治癒力を高める治療法です。




posted by kenta at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173047416

この記事へのトラックバック
pofile
名前:Kenta Nakagawa
年齢:37
誕生日:1977/8/6
性別:男性
職業:鍼灸師・柔道整復師
e-mail:info@tougenkyou89.com
一言:湯元郷治療院へようこそ!
star.JPG

過去のブログはこちらから
最近の記事
(04/01)ブログ移転のお知らせ
(03/25)4月より講演会を開催いたします
(03/11)ネイチャーストーブでカレー作り
(02/25)ヤマト一周トレイル南東ルートの開拓
(02/24)屯鶴峯の洞窟
(02/04)ヤマト一周トレイルの原案
(12/26)蜂に刺される
(12/10)後脛骨筋腱炎
過去ログ
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(3)
2016年12月(3)
2016年05月(2)
2016年04月(3)
2016年02月(2)
2016年01月(4)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
リンク集
HAIR SALON Arts
聖域を駆ける
jpaa director のブログ